早めに対策をして鼠退治

鼠が増えてしまうと、その近隣にある建物や住宅などにも被害がでることがあります。
自宅付近で鼠を見かけたら、できるだけ自宅に近づけないように対策をすることが大切です。



市販されている忌避剤、忌避グッズなどを使い、自宅に侵入してこないようにしっかりと予防策をとりましょう。

また、自宅の外壁などが痛んでないかをチェックして、侵入してきそうな箇所をみつけたら、補強などをしてあらかじめ対策をしておくことが大切です。ですが、万が一鼠が屋根裏などから侵入して来た場合には、早急に鼠退治をするための対策も考えねばなりません。

自宅内で、食べ物や家具などにかじったような跡があったり、夜中、なにかが走り回るような物音がした場合には、侵入されている可能性がでてきます。
市販されている鼠退治用のグッズなどを用いて、いくつか罠を仕掛けておくといいでしょう。

また、毒エサなども売っているため、それを利用して、鼠退治をするのも有効な手段です。

こだわるなら日本経済新聞をわかりやすく説明しています。

鼠は自宅以外にも近隣住居に対しても被害をだしている可能性もあります。

情報交換をしておくことも、鼠の行動範囲や侵入経路などの手口を探る手がかりになるでしょう。
鼠に関してあまり知識がない場合でも、周囲の近隣住民で相談しアイディアを出しあうことで、うまい解決法がみつかることもあります。
住宅地でのトラブルの場合には、近隣住民との連絡を密にすることが重要です。

コウモリの退治の情報はこちらのサイトがオススメです。

町内会などで話し合い、うまい解決策を探すことで、スムーズに解決できる道を模索しましょう。